労働力の国際化

労働力の国際競争は、もうすでに始まっています。クラウドなどの情報ビジネスでは、日本語のできる海外常駐の女性達に多くの仕事の依頼をしております。しかし、現在雇用状況があまりよくない日本在籍の労働者ではなく、海外の労働力にこれを求めるのでしょう。日本は物価が高く、それなりの報酬を出さなければ生活が成り立っていかない現状にあります。
最近の異性との交流の統計を見ても、若者の多くは職場と自宅との往復だけで生活するのにとても厳しく、仕事を終えると家にひとりでいる生活が定着しております。しかし、人は食べるだけに生きているのではありません。
若者が海外に職を求めれば、今よりもずっと恵まれた生活ライフが望めます。日本人は平均的に優秀で知識もあり、何よりも勤勉で真面目な性格です。これから経済発展が予想される国では、自分の知識を活かせる職業がきっと多く待ち受けていると思います。しかし、海外でもっとも注意するべき点は、日本人は皆金持ちだと思われていることです。その為、国によってはセキュリティーの行き届いたマンションでなければ、生活に危険が及ぶこともあります。特に、女性の海外進出には、まだ海外の認識が定着するまで危険が伴います。
また、日本国内でも、これからは家賃の高い都会で暮らすよりも家賃の低い地方で活動し、少しでも生活物価を押さえることが重要です。そうすることで、貯金もできます。労働力の国際競争では、生活費がかからない地域の人が有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です